マンション売却のときの二つの方法

マンション売却のときには、大まかに分けて二つの方式があります。まずは仲介によって売却する方法です。賃貸契約のときのように、あいだに仲介業者が入って売却を進めていく手続です。

 

仲介の場合は、自分の希望の売却額で売ることができます。その分、売れるまで時間がかかることが予想されます。時間がかかってもいいから、気長に希望価格で買ってくれる買主を待つのもひとつの方法です。あまりに売れない場合は、売却額を下げる必要があります。

 

また、二つ目の売却方法は買取方式です。不動産会社が、ストレートに買い取る方法ですから、すぐに売れます。即効で売ってしまいたいという場合は、 便利な方法ですが安い価格で売却される確率が高いのです。法人が買い手になりますから、安心というメリットがあります。近所に知られない利点もあるでしょ う。

 

マンションの売却時は、以上のような二つの方法があります。どちらも利点もあればデメリットもあります。よく比較して選ぶとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です