土地売買を考えた結果

今まで土地売買を考えていました。その結果がやはり土地売買する事になったのです。でもまわりからはとても反対されていました。それは身内から反対されていたのです。この土地は全部私の父のものだったのです。そして親戚の叔父さんは、その土地を売るならくれというのです。
でもそれはおかしいです。父と同じ数の土地を、叔父さんだって持っているのです。兄弟だからそれをそれぞれが引き継いでいるのです。それなのに、なぜ私が父から引き継いだものを叔父さんにあげないといけないのか、よくわかりません。
だから私はこの土地を売買する事にしたのです。まだうまくいくかどうかはわかりません。でもあの問の近くは最近発展しているのです。家も何件も建ちだして、とても住みやすくなっています。だから簡単に売れると思うと、関係者は言ってくれたのです。
だから私は土地売買を決心したのです。きっといい結果として私の見方になってくれるはずなのです。父の残してくれたものが味方になってくれるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です